現在、軽作業の方で力を入れて取り組んでいる『猫ちぐら』の試作品が完成しました! 猫ちぐらは「猫のお家」という意味で簡単な説明は以下の内容になります。
猫ちぐら(ねこちぐら)、猫つぐら(ねこつぐら)とは、新潟および長野県産の稲わらを編んで作った猫用の寝床の一種。新潟県関川村、秋山郷(新潟県津南町と長野県栄村)、新潟県長岡市小国町の民芸品である。関川村では「猫ちぐら」と呼び、秋山郷および長岡市小国町では「猫つぐら」と呼ぶ。

wikipediaより引用

さっそく完成した猫ちぐらをご覧ください!
  • 『猫ちぐら試作品No.1』
  ご覧いただいた3つの猫ちぐらは全て製作未経験の方々に作っていただいたものです。

やはり「物づくり」ということで部分的に難しい箇所があり、 皆さん共通して「底面の編み始めが難しい」とのこと。

『猫ちぐら』の底部分

というのも、底面の編み始めは建築物でいう 「基礎の土台」みたいなもので

特にこの部分をしっかり編み込まないと商品として成り立ちません。 たとえ完成した見た目がよくても、 基礎ができていないと簡単に猫ちゃんに潰されてしまいます。      

試作品を作っていただいた方々に感想をお聞きしたところ “作っていく過程において思うようにいかない部分は数多くあるが その分、完成した時は大変嬉しかった”

とのことでした。 やはりどんなことにおいても 一所懸命に力を注いで相応の結果が出た時には嬉しさが込み上げてきますよね♪ ということで、今回は初の『猫ちぐら』のブログを上げてみました。 次回予定の『猫ちぐら』に関するブログは『製作工程』をあげたいと思いますので 是非是非!ご覧いただければと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です